ブログ

教育相談室日記

 スクールライフアドバイザーの中野です。

 『群盲象を評す。』

 インドのお話です。目の見えない人が、何人かで象ってどんな動物?と思って一人一人が手で触って確かめました。

 ある人は・・・ とても大きな柱のような動物

 ある人は・・・ 長―い管のような動物

 ある人は・・・ 岩のような大きな動物

 ある人は・・・ 大きなうちわのような動物

 全ての情報は間違っていないけれども正しい象ではありません。

 今、皆さんの手先にある情報もきっとそんな感じになっていませんか?目の前にある情報に驚かず、惑わされず、自分だけで判断せず行動できたらいいですね。

 

写真:はすの花です。つぼみです。

   花が開くときに「ポン」とい

   う音がするとかしないとか。