ブログ

愛媛県高等学校演劇新人大会報告

2/1(日)新居浜市のあかがねミュージアムで、愛媛県高等学校演劇新人大会が行われました。

 

1年生の泉谷釆実さんが脚本を担当し、1年生が主要人物を演じました。

ネガティブ女子とポジティブ女子があることをきっかけに性格が入れ替わってしまうという話でした。

 

大会当日に出演者が病欠になり急遽代役を立てることになりましたが、最後まで演じきることができました。大会では東予や南予の高校の作品を観ることができて、とても勉強になりました。

今回の経験を来年の中予地区大会や県大会に生かしたいと思います。