メインメニュー
学校概要
学習活動
進路状況
部活動
松商刊行物
ようこそ!松商ホームページへ

松山商業高校
  〒790-8530 愛媛県松山市旭町71番地
  電話 089-941-3751  FAX 089-943-8039

2015年8月7日(金曜日)

夏休みの充実を

カテゴリー: - mc0202 @ 18時03分18秒

 夏休みが始まって、2週間が経ち、学校での補習も終わった8月からは本格的な夏休みです。
この夏休みを効果的に使って、進路実現につなげてください。
 大学・短期大学や専門学校では、積極的にオープンキャンパスを行っています。3年生はもちろんですが、1・2年生も積極的に参加して、学校の雰囲気や「来年(再来年)、ここに来るぞ」というモチベーションアップにつなげてください。

 

 


2014年5月27日(火曜日)

1学期を制する者は…

カテゴリー: - mc0202 @ 13時46分04秒

新学期始まって、もうすぐ2か月、一年生の皆さん、上級生の皆さん、自分なりの生活のリズムができましたか。特に、一年生の皆さんは、初めての高校の授業、簿記をはじめ始めて習う科目、そして中間考査…、戸惑うことが多かったのではないでしょうか。
 1学期終了時に「反省」と「次学期の目標設定」を行うことはよくありますが、できれば、この「中間考査が終わった時点」でそれをやってほしいと思います。ここでの軌道修正が1学期の成績を決めると言ってもいいかもしれません。高校に入学したばかりの一年生はもちろんですが、進学や就職を目前に控えた三年生には絶対に必要なことです。「終わりよければすべてよし」という言葉がありますが、高校生にとって全力を傾けるべきはむしろ1学期です。

「1学期を制する者は1年を制する」

頑張りましょう。

 


2014年3月24日(月曜日)

読書と漢字

カテゴリー: - mc0202 @ 19時39分01秒

 進学や就職で試験を受ける際、資料を読んだり、文字を書いたりすることは避けて通ることはできません。かといって、入学試験や就職試験直前になって読書量を増やしたり、漢字練習に時間を割くことは難しいですね。直近のセンター試験国語で源氏物語が出題されるなど、試験問題の題材に「有名どころ」が取り上げられることもあるようです。
  学年末考査が終われば、比較的時間をとることができると思います。こうした「有名どころ」に触れてみるよい機会ではないでしょう。「有名どころ」は敷居が高いという人は、”文字から読み解く”ということにはなりませんが、近年は、漫画など読みやすいものも多く出版されているようですから、手に取りやすいものからとりあえず始めてみるのはどうでしょうか。


2014年3月6日(木曜日)

第136回「日商簿記検定2級」

カテゴリー: - mc0202 @ 17時10分20秒

 第135回(前回)は不合格。勉強不足もありましたが、久しぶりに大きく凹みました。
 
そして今回、第136回(2回目のチャレンジ)は「さくらさく(合格)」でした。
 「できないことを理由にしても何も始まらない」。今年度初めに耳にし、常に心に留めていた言葉です。仕事をしていると毎日忙しいのは当然ですが、「”忙しいこと”を言い訳に”〜だからできない”、”〜だから時間がない”と言いたくない」と思い、今年は何か新しいものにチャレンジしてみようと考えました。そう思った理由の一つには、進学担当者として自己実現のために努力している生徒たちの「普段の頑張り」に負けたくないと思ったこともあります。
 そこで目標として思いついたのが「日商簿記2級の取得」です。本校は商業高校であり、生徒たちが日々の学習の成果として資格取得にも励んでいます。その生徒たちが目指す資格の一つが「日商簿記2級」だったからです。
 とはいうものの、私は商業が専門教科ではないため、勉強は予想通りかなり苦労をしました。分かっていたことですが時間的な制約や、難解な分野もあり「ダメかな」と思うこともありました。
 しかし、新しいことに挑戦したり、新しい知識を得たりすることは、おもしろいですね。今回新たに簿記を勉強していて、いろいろな刺激を受けたし、今回、純粋に「”学ぶ”っておもしろい」そう思いました。
 二年生の皆さんは、これから上級学校への受験、就職試験という未知の領域に突入していきます。不安に思うこと、困難の状況はもちろんあると思います。それを「できないこと」「難しいこと」ととらえず「新しい自分の発見プロセス」「自分の可能性への挑戦」と考えてみてはどうでしょうか。そして、「高校三年生というこの一年間でないと味わえない醍醐味(おもしろさ)」だと思って、それらに立ち向かってください。私たち教職員はいつでも応援しています。


2014年3月4日(火曜日)

卒業おめでとうございます

カテゴリー: - mc0202 @ 08時32分07秒

H25_sotugyousiki_1.JPG 3月1日。卒業式は、進路(進学)担当者としても教員としても本当に感慨深い一日です。晴れやかな卒業生の顔を見る「この一日のために一年365日があるのではないか」と感じることさえあります。
 卒業生にとっては、まぎれもなく一つの大きな節目ですし、「新しい旅立ち」の日です。そして、在校生にとっても自己実現のスタートの日でもあります。
 特に、二年生は最高学年として「進路選択」「進路決定」に本格的に取りかかってください。学年末考査の終了がスタートの合図です。「新学期4月から始めよう…」「中予総体が終わってから…」「県総体が終わってから…」など、先延ばしにしたい気持ちは分からなくはないですが、卒業生の話を総合して一番多い反省の弁「もっと取りかかりを早くしておくべきだった」です。
 この時期の二年生は「三年生ゼロ学期」だということは折に触れて話してきましたが、このことを自覚し、早くスタートを切った者が最終的には満足できる進路先を確保できると思います。まさに「先んずれば人を制す」です。
 それから、「進路なんてまだ先」と考えている一年生の皆さん、時間が経つのは本当に早いですよ。できることから少しずつ始めていってください。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     


2014年2月27日(木曜日)

受験報告会

カテゴリー: - mc0202 @ 08時59分03秒

H25_jukennhoukokukai.JPG 2月25日(火)の学年末考査終了後、二年生の希望者約120名を対象として「進学報告会」を行いました。
 今年で3回目になるこの会の目的は、三年生ゼロ学期の二年生が先輩の生の声を直に聞くことで、二年生に「次は自分たちだ」という進学意識や目標意識を持ってもらうことにあります。
 パネラーは厳しい受験を突破し進路が決まった三年生12名。「志望先を決めたきっかけ」「受験勉強のコツや苦労話」「小論文って何?」「後輩への率直なアドバイス」など、受験を経験した先輩として、「受験生の目線」で飾らず正直にコメントしてくれました。
 普段、学校の先生から聞いているのとはまた違った側面からの話に、参加していた2年生は熱心にメモをとりながら聞き入っていました。
 三年生の卒業式が目前になり、二年生は「いよいよ自分たちの出番」と感じているようにも思いました。
 次期三年生、頼みますよ。


2014年2月25日(火曜日)

最終盤戦へ

カテゴリー: - mc0202 @ 09時10分39秒

 今月20日に松山大学の挟入試の発表があり、入試はいよいよ最終盤戦に突入です。
多くの大学では、明日から「前期試験」が始まります。
 本校の受験生の健闘を祈ります。

 

 


2013年10月23日(水曜日)

1年生進路ガイダンス

カテゴリー: - mc0103 @ 17時09分45秒

1年生進路ガイダンスを実施しました。
県内外の大学、短期大学、専門学校、あわせて15校から講師の先生をお招きし、
1年生が、それぞれ選択した分野について、お話を伺いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA

講師の先生方は、実施後に、
「商業高校ならではの技術を磨くと同時に、幅広く信頼される人間性を育んでほしい」
明るい笑顔やあいさつ、言葉遣い、礼儀、行儀など、基本的なところに気をつけて生活してほしい」
「目標を高く設定し、いろんなことにチャレンジしてほしい」
といった言葉を残してくださいました。

進路決定の時期は、思った以上にあっという間にやってきます。
「憧れを夢に、夢を目標に」、そして、その目標を実現できるように、
今後はオープンキャンパスなどにも積極的に参加して、さらに情報収集しましょう。
1、2年生も、進学指導室を積極的に利用してください。

size=3>
 


2013年4月26日(金曜日)

進学指導室へどうぞ

カテゴリー: - mc0202 @ 09時44分14秒

  平成25年度が始まりました。3年生は、進路実現に向けて勝負の年ですね。しっかり頑張りましょう。
 ところで、皆さんは進学指導室に来たことがありますか?
 進学指導室は、本館3階にあります。入口の右側には、主に県外の大学・短大・専門学校の募集要項やオープンキャンパス情報を置いています。これらは閲覧のみ(見るだけ)ですが、自分の進路実現の情報源の一つにしてください。入口の左側には、いろいろな進学関連の冊子や情報誌を置いています。これらは自由に持ち帰って構いませんので、有効に活用してください。進学指導室の外には掲示板もあります。進学説明会やオープンキャンパス情報などを掲示していますので、これらを見るだけでも役に立つかもしれませんね。
 進学指導室内には、国公立大学や先輩方の進学実績のある私立大学、県内(市内)の専門学校の募集要項などをそろえています。これらは持ち帰りはできませんが、自由に見てください。進学に関する疑問や質問には進学課の先生が丁寧に答えてくれます。積極的に話しかけてくださいね。
 最後に、進学指導室というと「三年生の行くところ」というイメージを持っていませんか?一年生や二年生の皆さんもぜひ利用してください。自分の進路を探すきっかけになりますよ。「先手必勝」は、進路の世界でも有効です。


2013年1月7日(月曜日)

もう一息!!

カテゴリー: - mc0202 @ 12時49分40秒

goukakukigan.JPG

 あけましておめでとうございます。2013年、新しい年が始まりました。年が改まったということは「大学入試センター試験」が目前になったということです。今年は、1月19日(土)と20日(日)に実施日されますから、本当にいよいよといった感じです。センター試験を受験する3年生は、文字通り盆暮れ正月なく4月から本当に一生懸命頑張ってきました。そばで見ていて実感していますし、このがんばりは誰もが認めるところです。
 さて、この時期、時間がなくなればなくなるほど焦りを感じることもあるでしょう。その結果、新しい参考書や問題集に手を付けたくなる気持ちもよく分かります。しかし、「あれもこれも」で、結局そのどれもが消化不良に終わるよりも、今まで使ってきた「これっ!!という教材」「自分(でまとめた要点)ノート」に集中し、「この範囲は押さえる(できる・大丈夫)」と考えた方が気持ち的にも楽ですし、良い結果につながることも多いと思います。
 「パレートの法則」というものがあります。もともとはイタリアの経済学者パレート(1848年〜1923年)が唱えた経済学の法則ですが、これを受験勉強に援用することができます。つまり、「優先順位を付けた上位20%をしっかり押さえれば、80%程度の成果を得ることができる」ということです。どうですか?気持ち的に少し楽になってきませんか?時間や労力といった個人のリソース(資源)は限られています。そうした「限られた希少なリソースをいかに配分するか」を考えてみましょう。実はこれは経済学の考え方なんですが、これからはここがポイントですよ。
 とにかく、みなさんのがんばりの成果、持てる実力が十分に発揮できることを切に願っています。進学課は受験生を最後まで全力でサポートします。
 最後に、ここから先はコンディションの維持も大切になってきます。インフルエンザやノロウィルスなどにも注意しながら、体調管理にも十分気を配ってくださいね。

 

 


2012年12月11日(火曜日)

進学指導室へどうぞ

カテゴリー: - mc0202 @ 13時40分08秒

  松山商業高等学校のホームページがリニューアルされました。CMS(Content Management Systemの略)という仕組みで構成された新しいホームページは、ブログ感覚で情報の発信できます。進学課としても、生徒のみなさんや保護者の方に、ためになる話題・タイムリーな話題を提供できるよう頑張っていきたいと思います。
  進学課のページですから、進学に関することが中心にはなりますが、「読んでみたらおもしろかった」「何となくためになった」的な話も掲載していきたいと考えています。課長以下6名、個性あふれる進学課スタッフによる記事にご期待ください。

shingaku_iriguchi.JPG

 【進学指導室の入り口(本館3階)】

 

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

お知らせ
行事予定
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
更新情報(部活日記)
松商日記 月別過去ログ
部活日記 部別過去ログ
その他
リンク (外部サイトへ)

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立松山商業高等学校