ブログ

松商日記

家庭クラブ 松山乳児院(七夕祭りの準備)

 家庭クラブでは、休日や長期休業を利用して松山市久万ノ台にある松山乳児院を訪問し、ボランティア活動を行っています。乳幼児と一緒に遊んだり、食事や入浴の介助をするほか、行事の準備など保育士さんの仕事のお手伝いです。

 ですが、現在のところ、コロナウイルスの影響で施設へ伺っての活動は実施できません。

そこで、例年本校でイベントとして実施させていただいている「七夕まつり」の準備をさせていただきました。乳幼児が楽しめるおもちゃや七夕飾りを制作しました。喜んでもらえますように。  

 

     

第1学期期末考査が終了しました

 本日、第1学期期末考査が終了しました。本来なら先週7月10日(金)で終了する予定でしたが、7日(火)が臨時休業となったため、1日順延となっていました。また、期末考査終了後、防災避難訓練、グループ別集会、身だしなみ指導を行いました。

 

   

 

教育相談室日記

スクールライフアドバイザーの中野です。

 相談を受けている中で「普通」という言葉をよく聞きます。その度に「普通」って何だろう?と思ってしまいます。たぶん「みんなと同じように、普通に」の意味で「普通」を使っているのだと思います。しかし、人はみんな違います。ひょっとすると「みんなと同じ」は言葉でしか存在しないのではないでしょうか?そして「普通」も存在しないのではないでしょうか?「みんなは一人一人違っていて当たり前」そして「お互い違っているのが普通」なのではないでしょうか?

 7月の来校日:9日(木)・16日(木)・30日(木)

写真:高知 伊尾木洞
   たくさんの種類の苔類があります。少しだけ涼しく感じられたらいいのですが。

 

 

放課後の風景

 生徒は、来週月曜日から始まる1学期期末考査や7月5日(日)に行われる全商ビジネス文書実務検定試験に向けて、放課後の貴重な時間を使い、HR教室、図書室、情報処理教室等で自主的に学習しています。

教育相談室日記

スクールライフアドバイザーの中野です。

 先日、瓶ケ森へ登山に行ってきました。(登山というほどでなく、ハイキングかもしれませんが、私にとっては登山でした。)

 一緒に行った友達が、5月24日に笠取山で写真を撮った満開のミツバツツジですが、6月21日の瓶ケ森ではまだ蕾も花もありました。花はそれぞれの生える場所で咲く時期が変わってきます。

 私は人もそれぞれだと思います。自分自身のための「時期」がくるまで、花も人もしっかりと咲くための準備をしていけたらいいですね。

 

  写真:6月21日瓶ケ森で見かけた花達です。

 

「グループ旗授与式」を行いました

 本日、5時間目に「グループ旗授与式」を行いました。この行事は、生徒が異学年のつながりを通じて、その後の学校生活を豊かなものにするきっかけ作りと、その後の運動会、「商神祭」等の学校行事が円滑に実施できるために行っています。例年は、「グループ結団式(グループ対抗競技)」の中で行っていますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症対策として、「グループ旗授与式」のみを校内放送で行いました。

 校長先生より挨拶があった後、生徒会長挨拶、赤帝・白鳳・青龍・黄雲の各グループ長挨拶の順で全校生徒に呼びかけました。

 生徒会長の佐伯美波さんからは、次のような挨拶がありました。「学校生活も通常の時程となり、少しずつ日常の生活を取り戻してきました。本来なら、1学期からグループの活動が始められるところ、今年度は臨時休業が続いたことにより、グループの活動は2学期の運動会からとなります。どのグループもグループ幹部の皆さんが盛り上げようと尽力しています。グループ結団式がなかった分、今年度の運動会は、全学年、全精力を注ぎ、例年以上にすばらしい行事になるよう全校生徒の皆さんで力を合わせて頑張りましょう。そして、私たち松商生の力強い姿から地域の方々に元気を与えられるようなそんな行事にしたいと思います。」と、力強く抱負を語ってくれました。

 その後は、各学年・グループに分かれて、運動会の選手選出を行いました。

 

 

 

 

教育相談室日記

~マスク~

スクールライフアドバイザーの中野です。

 withコロナ・・・新しい日常の中で欠かせないのがマスクです。毎日の学校生活でもほとんどの場面でマスクを着用しなければなりません。暑いです。

 マスクを着用する効用は、感染予防がまずは第一です。もちろん人からの感染は心配事です。しかし、万が一、自分が無症状ながら感染者だったらどうでしょうか?着用することは、他の人に対しての思いやりの行為になります。

 暑い季節ですが、暖かな思いやりを口元にマスクを着用していきましょう。

 

写真

ここはハワイ?ちがうよ、伊予市五色浜。

6月の来校日:6月25日(木)

7月の来校日:7月2日(木)・9日(木)・16日(木)・30日(木)

通常の学校生活が再開されました。

    愛媛県の高校では、新型コロナウィルス感染症予防として、臨時休業や分散登校、部活動においては活動の制限等行ってきました。このような状況を経て、6月19日(金)からは「感染縮小期」に移行され、本校においても、通常の学校生活が再開され、活気が戻ってきました。しかし、基本的な感染症対策を怠らず、こまめな手洗いや教室の換気、熱中症対策も考慮したマスクの着用、多くの生徒等が手を触れる箇所の消毒を行っています。また、普段の清掃活動も隅々まで行っています。

 

高等学校等就学支援金の支給に関する制度一部改正について

 

 保護者 各位

 

 就学支援金の支給に関する所得制限基準が一部変更されましたので、お知らせいたします。

 〇主な改正点

 保護者等の所得制限基準の変更

 令和2年6月まで:道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額の合算額が507,000円以下

 令和2年7月以降:市町村民税の課税所得額に100分の6を乗じた額から市町村民税の調整控除額を控除した額が304,200円以上

 

 支援金制度変更 文科省通知.pdf

 

教育相談室日記

紫陽花 ~あじさい~

スクールライフアドバイザーの中野です。

 本格的な雨の季節になりました。日本独特な気候・・・高温多湿の日々、口を開くと「あついね~」、今年は特にマスクをしているので「あついね~」と言うと、マスクの中がまたまた「あつく」なります。

 熱中症になるリスクが上がってきた「ウィズ コロナ」の日々ですが、そんな中にも「涼しいマスク」、「冷やしマスク」が開発され売られ始めました。まさしくピンチはチャンス。今までの夏には考えられなかった商品が開発されています。一方、紫陽花は日々色が変わると言われています。植えられた土の性質で色が変わるようです。(諸説あります。)一見、全く違うマスクと紫陽花ですが、状況によって変わっていくという共通点もあります。

 「ウィズ コロナ」の時代、視点を変えて、生活を楽しんでみてください。

 

写真 ~紫陽花~ 

 ちょっと小さい花ですが、けなげに咲いています。

 6月19日(金)、25日(木)在室しています。